SHTお疲れ様でした


実写版あの花実況をした後満足して疲れからとんでもなく長い時間眠ってしまって
もう日が変わった上昼になってしまってますが、昨日のSHTで来て頂いた皆様ありがとうございました
ご本とか差し入れとかしおりトレードとかも有難う御座います
セーラとシロ増えました!
普段ネット上でお話はしても実際にお会いする機会のなかった方々と
直接お会いできたのも嬉しかったです やっぱり咲いいしオンリーもいいなぁ

新刊の「京セラ」はかなり残り少なくなりましたが10/4のサンクリに持って行きます。
何かのときのために予備で取り分けておいた缶バッジも少数ですがお付けします
セーラだけいなくなってしまったので全10種類にはなってしまったのですが!すみません

ちっこいランダム缶バッジプレゼント、好評なようでよかったです
小さすぎて絵とか見たい人には微妙かな?と思ったのですが
あのサイズはあのサイズで、SDキャラには合ってていいかもですねー
咲ジャンルの方なら特典とかで慣れてるので、ガチャ要素みたいなのを
楽しいと思ってくださる方が多いのかな、とも
だいたいプレゼントとなるとクリアファイルかポストカードになっちゃうので
今回みたいなランダム缶バッジとかもちょくちょくやりたいですね

悔いは既刊の「仮定の数巡先」が割りと早々に売り切れてしまった事です…
家に物凄く沢山あって玄関を占領していたのでもっと持っていけばよかったです
こっちもサンクリに持っていったあとメロンさんあたりに委託をお願いする予定です

「咲阿知賀総集編」は昨日のイベントで完売いたしました。
メロンさんに1冊残ってるかも?って位なので書店在庫もほぼありません
再版の予定はいまのところありません。冬にびっくりするような数の発注を頂いて
恐る恐る予定の1.5倍ほどの数を刷って年単位で売る気でいたのですが
完売してとても嬉しいです。本当に有難う御座いました。

サンクリも何か用意できればと思います。時間はあまりないですが…
艦これかなあと
スポンサーサイト

9/21 りんしゃんかいほー!11に参加します

ご無沙汰してます、オダワラハコネです。更新遅くなってすみません
9/21の蒲田開催のスーパーヒロインタイム内の、りんしゃんかいほー!11に
参加いたします。スペースは咲32「VISTA」です
■新刊■
「京セラ」
B5/12P/表紙1色/200円/一般向け咲本
 kyousera006.jpg
・タイトルで出オチの京太郎&セーラ漫画です。いつかやりたかった。
 薄い本ですが本文は皆漫画にしておきました。
 中身は割合普通のほのぼの漫画なのでネタ分を求めると拍子抜けかもです

 おまけとの兼ね合いで本凄く沢山できてしまったので
 10/4のサンクリとかその後の委託とかにも回せると思います

 会場分には1冊につき1個、夏のvitaポーチの絵の大阪組の凄く小さな
 缶バッジ(全12種類)がランダムでつきます。
oosakabajji.jpg
 1円玉と殆ど変わらない位の大きさです。
 本誌で姫松フィーバーだしvitaポーチ割合早くなくなってしまったので
 お遊びで作ってみました。絵柄は選べません…ご了承くださいませ
 一応先着ですが、数はいっぱいあるのでのんびりどうぞ

■既刊■
夏コミ発行の「仮定の数巡先」をようやく再版しましたので持って行きます

思い入れの強い本にはなったのですが、あまりに描いてる最中で
思い詰め煮詰まったせいで熱を出したり歯を食いしばりすぎて
歯の詰め物が取れたり痔になったりして、暫く部屋に転がってるのを
見ただけでも胃が気持ち悪くなってたのですが、本誌のセーラ登場と
浴衣浦風で完全気力回復を遂げたのでやっと再版できました

再版にあたって表紙はマットPPからクリアPP(ツヤツヤしたやつ)になりました
本文も一応修正したのですが
kateinaosi2.jpg
万事が万事こんな感じの修正10?とか15?箇所くらいで
正直肉眼で確認できないレベルというか自分でもどこ直したか忘れました
一番大きく変わったのがここ位かな?って程度です
kateinaosi.jpg
直す前船久保様の腕細すぎたりキーボードのコードぶった切れてました
この前の3P程描くのが辛くてまともに呼吸できなくて脳に酸素行ってませんでした

多分もうセーラで真面目な漫画描くの辛くて無理だわってなった1冊なので
セーラの真面目な漫画読んでみたい方はどうぞ 最後になるかもです
SHTとサンクリに持っていった後メロンさんに委託をお願いしようと思っています
他は咲阿知賀総集編を持っていきます。こちらはかなり在庫少なくなりました

■しおりトレード■
全国編Vitaと阿知ポのしおりを集めてます
セーラとシロと全国Vita哩さん(1枚)が欲しいです
かなりもう手持ちが少なくなってしまいましたが
こちらの手持ちはこんな感じです


出)全国:龍門渕・夢乃マホ 
阿知ポ:宮永咲・園城寺怜・池田華菜
求)宮守・千里山・新道寺・小瀬川白望・江口セーラ(全国編・阿知ポ共)・白水哩(@1枚)
龍門渕はできるだけ学校ごとのトレードでお願したいです

トレードして下さった方には右下の自作大沼プロしおりを押し付けます
oonumasiori.jpg
ある程度スペースが落ち着きましたらトレード開始しますので
ご希望の方はお声おかけくださいませ
条件厳しそうですがお待ちしております
メールかtwitterでお声おかけ頂ければご希望のものお取りおきします

■スケッチブック■
当日は割合のんびり会場にいる気ですので
しおりをトレードして下さった方優先で出来る限りスケブを
お受けします。
彩色の道具を処分してしまったので、白黒になってしまいます
ご了承いただければ幸いです
当日は台風かも?という話ですが
遊びに来ていただければ幸いです。お待ちしてます
当日はよろしくお願いします

〔ついった落書きまとめ〕十七駆中心艦これ絵詰め

ここ最近の艦これ絵をpixivに纏めて置きました


あと在庫薄になってた夏の浦風本と加古本、再版しましたのでよろしくお願いします
とらのあな様
メロンブックス様
咲本の「仮定の数巡先」も9/21のSHTで再版予定です
委託は10月からメロンブックスさんにお願いしようかなと思います

内容は作画のミスとかほんの少し直しただけでほぼ変わりませんが
一応変更点明日にでも詳しく書きますー

立先生の千里山キャラの作画があぐり先生のそれに近づいていってるのでは説

お疲れ様です
まさかの立先生のブログによるセーラが次号に出るらしいという
公式によるネタバレを食らって豆鉄砲食らったような顔してるわたしです

前々から本編にセーラや怜が出るたびデザインやトーン処理が
あぐり先生のそれに近づいていってる気がするとツイッターとかで言ってて
興味を示してくださった方も数名いらしたのですが
画像の引用とかしないと判り辛いけど、出来るだけそれはしたくないので
上手く説明できずにいたのですが、何とか今回模写でやってみました

模写大の苦手でちっとも似ないのでお目汚しですみません…
目安位に使ってやってください。ご興味のある方は
単行本の12巻・13巻・14巻をお手にしつつ読んでやって下さいませ

あくまで自分にはそう見えたというだけなのでもし解釈違ってても流してやってください…

最初に以前描いたものですが、あぐり先生と立先生のセーラの特徴は
だいたいそれぞれこんな感じかなと

特に大きいのが髪型のつむじの位置が前か真ん中にあるかどうか
耳の前にちょこっと出た髪があるかどうかです
二次イラストでもここで、描いた方がどっちを基準にして描かれたか
すぐ判るので楽しいです 自分はあぐり先生基準で描いています

■あぐり先生のセーラのトーン処理の基本
立先生に比べてかなりグラデのトーンを多用されます
髪はグラデ、学ランは影部分がベタ+そのほかの部分はグラデトーンです
1agurisala.jpg

■本編セーラの推移について

セーラの本編初登場は第114局
単行本で12巻P128から
2-114sala.jpg
髪は影の部分にベタ+通常トーン
学ランは全ベタ+ごく一部にハイライトです
この時点ではかなりシンプルです

次回登場時は第125局
単行本で13巻109Pから
3-125sala.jpg
特にデザイン・仕上げ共に114局から変化はなさそうです

その次の登場
第131局
単行本で14巻3Pのカラーページ
4-131sala.jpg
個人的にはここでかなり大きく変わった印象です
つむじの位置が前になって、耳の前の髪がクロスした形に変わりました

その次
第133局
単行本で14巻P46から
5-133sala.jpg
つむじの位置と耳の前のクロスした髪が固定になりました
学ランも今までのベタ+ハイライト処理から影部分ベタ+グラデに変わりました
つむじの位置は、前述の第125局のものが
ほぼ同じ角度なので比べるとかなり変化したのが判ります
3-125sala.jpg
髪のトーンはこの時点ではまだ影の部分にベタ+通常トーンです

ちなみに泉の髪の処理もここで変わってます
今までのベタ+ハイライトから、影部分ベタ+グラデトーン+ハイライトになってます
6-133izumi.jpg

その次の登場
第136局
単行本でP923コマ目
7-136sala.jpg
髪が今までの影の部分のベタ+通常トーンから
グラデトーンに変わってます

最新の登場
立先生の公式ブログ(9/1更新分)
8-ritusenseiblogsala.jpg
耳の前のクロスした髪がよりはっきりしました

〔追記〕
YG18号が出たので追記しました
ラフ時点では前髪の端が長い形になっているので
やっぱり普段?というか素の描かれ方はこちらの方なのかも
8-2-tuiki.jpg

最初の立先生のセーラの特徴の
「つむじが中心」「前髪のはじが長い」「髪がベタ+通常トーン処理」「学ランがベタ+ハイライト」
が、段階を経て
あぐり先生のセーラの作画の特徴の
「つむじの位置が前」「耳の前で髪がクロスしてる」「髪がグラデトーン」「学ランがベタ+グラデトーン」
に変化していってるのが順を追っていくとわかります

■怜の場合
あぐり先生の怜の作画の特徴
ハイライトを明るくぼかした髪の処理が印象的です
9-agurisenseitoki.jpg

本編での登場
第136局
単行本でP923コマ目
10-136toki.jpg
雑誌掲載時はツヤベタだった髪の処理が
単行本掲載時にはハイライトをぼかしたトーンに変わっていました
これもあぐり先生の怜の描き方に近いかなと
これよく見たら前髪の形とか目の中の書き込み方とかも
変わっているので、相当細かく直されているはず
個人的にはツヤベタ怜ちゃん好きでした!!

竜華と船久保様も見比べてみましたが
この2人は特にデザインや処理の変化はないようです

まあ結局憶測にはなってしまうのですけど
こうやって推移を見ると、特に千里山組のトーン処理とかは
かなりあぐり先生のものを取り入れていらっしゃるように見えるので
立先生の中では、千里山組に関してはあぐり先生の印象が
強いのかもしれないと思いました。
連載当初から原作者さんと作画担当の方が違うのは賛否両論でしたが
原作者さんの方がコミカライズの作家さんの影響をほんとに受けてらっしゃるなら
関係がうまくいってそうに見えるので、ファンとしても見ていて嬉しいものです

アニメのキャラデザは本編初登場時のセーラに近いので
立先生がキャラデザを出す→アニメのキャラデザは立先生のキャラデザ基準に
コミカライズにする際にあぐり先生が立先生のデザインをアレンジ、
それを立先生が汲む、という流れなのかな?と想像してみたりです。

それぞれ描く方によってデザインが違うのも好きでしたが
自分は一番楽しいときを、あぐり先生のコミカライズで毎月読んで過ごしたせいで
セーラといえば、思い出すのはあぐり先生のセーラの姿なので
だんだんそれに近くなっていくのは、なんというか有り難いと言うか…
より楽しかった頃を思い出して膝から崩れる率が高くなりました、はい

考察?的なもの不慣れなので判りづらかったらすみません
全部読んでくださった方いらしたらありがとうございます
お目汚し失礼しました


 | HOME | 

プロフィール

オダワラハコネ

Author:オダワラハコネ
フリーで絵を描いています

Twitter:odawarahakone
mail:hakone_o★cap.ocn.ne.jp
(★を@に変えてどうぞ)

「VISTA」というサークルで
同人活動もやっております

当サイトに掲載されている画像、文章について、
無断転用・無断転載をお断りいたします。
ホント面白い程テンション下がるので
勘弁して下さい

最近の記事

カテゴリー

pixiv

成人向けゲーム

単行本

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

RSSフィード